間取りの中心に吹抜けを設けた住宅。階段をスケルトン階段とし、吹抜け上部からのトップライトの光が、一階のリビングまでふんだんに降り注ぐ計画としています。
玄関とリビング空間は、泡入りガラスで間仕切りを作り、玄関の明るさを保ちつつ目線にも配慮しています。
リビングは床を低くし、ダイニング、キッチンの床は高くすることで、一つの空間にいながらもお互いの視線に動きが生まれるプランとなっています。その高さの違いを利用し、高性能暖房エアコンを床下に設置。
一階の床下から二階の天井まで家全体を効率よく暖めるよう工夫しています。