暖かい家づくりをするためには、ただ暖房能力の高い機器を取り入れるだけでは効率の悪い住宅となってしまいます。作った熱をなるべく逃がさないこと、それには建築的な配慮が必要になってきます。
外壁形状はなるべくシンプルにし、外壁からの熱損失を抑制。窓は気密性に優れるすべり出し窓をメインに採用。スクエア形状をテーマとした、シンプルモダンなデザインで統一しています。更に、断熱性能を高め、熱交換型の換気システムを使用することで暖房エアコンだけでも暖かい住宅を実現。少ないエネルギーで暮らすことができる省エネ住宅としています。
1階にはリビングと引き戸で仕切って活用できる畳スペースを製作。引き戸の鴨居はワイヤーで吊り、上部オープンにすることで視覚的な圧迫感をなくし、開放的になるよう工夫しています。