居住空間を構成するフロアは、小屋裏スペースまで含めると全部で5層。複数階にわたって空間を配置した、バーチカルゾーニングでフロアを構成しました。軒高自体は一般の2階建住宅と差異がないものの、4つの階段が用意された独特のつくりは機能性を考えてのこと。スキップフロアで暮らしにムダなスペースを削ぎ落とし、限りある空間を最大限有効に活用するという発想が、合理的で遊び心に満ちた居住空間を生み出しています。

誰もがそうだとは思いますが、この家を建てるまで、数々のハウスメーカー・工務店を検討しました。我が家は旦那が内装関係の仕事をしていることもあり、使用する材料や、施工、仕上げにまでこだわる、わがままで面倒なお客だったと思います。しかし、オークスさんは嫌な顔ひとつせず、予算内で最大限の希望を叶えてくれました。 この家に住んで丸一年が過ぎ、木のぬくもりと快適な空調、移り変わる景色を楽しめるのに、他人の目線が気にならない。まさに心地よい空間が出来ました。気に入っているポイントはまだまだ。収納が多く、扉でスッキリと隠せること。落ち着く色調、適所の照明。結露もなく省エネの仕様。子供たちが思いきり遊べるキッズスペース。天井を高く、アウトリビングでさらに広々とした空間デザイン。家族や友達、そのまた友達も遊びに来ると根っこが生えて、そのまま夜まで飲んだり夕食を共にしたり、子供たちは一緒にお風呂入ったりと、ずいぶん賑やかになりました。震災後すぐに飛んできてくれた社長の岡田さん、「一生のことだから」とわがままを聞いてくれた、設計の荒木さん、建築中の現場も自由に見せてくれた大工の田村さん、ほか、皆さんに感謝します。ほんとうに、有難うございました。